帰山農園のお米

新品種「さんさんまる」が登場!

2021.02.03

めでたい予感がするお米

2020年度より帰山農園に新たな品種が仲間入り。
名前を「さんさんまる」といいます。

 
通常お米を育てる時は
まず苗を育ててそれを田んぼに植えていきますが
「さんさんまる」は直播(ちょくはん)と言って
田んぼに直接種を撒いて育てられるお米なんです。

 

人手不足が問題になっている農業界にとって
希望になるような品種なんですね。

 

そしてそんな農家にとってのメリットだけでなく
“ちゃんと美味しい” のがいいところ。

 

十分な粘りをもっていて、
帰山農園でも初収穫20年度米は
とっても美味しくできました。
12月の発売から早くもリピートいただいています。

 

この「さんさんまる」という不思議な名前は
世に出る前の品種番号なのだそう。
だけどなんだか太陽がさんさんと降りそそぐ
田んぼの景色が思い浮かぶようで気に入っています。

 

帰山農園の「さんさんまる」は
そんな太陽のイメージと
吉数でもある3が続いて○としめくくる、
おめでたいイメージを掛け合わせて
水引のようにも見える明るいデザインになりました。

 

20年度はまずはお試しにと少量だけ栽培しているので
5kgと2合(300g)のみの数量限定販売となります。
売切れる前にぜひ一度お試しください。

 

ご購入はオンラインショップからも◎