精米・保管のこだわり

色彩選別機で
しっかり選別
色彩選別機でしっかり選別
稲刈り後、玄米の状態で1回と、精米後に1回、2度色彩選別機にかけて選別。
帰山農園の米は、農林水産大臣登録検査機関が行う「米穀検査」で最も優れた「一等米」に認定されています。
稲刈り後、玄米の状態で1回と、精米後に1回、2度色彩選別機にかけて選別。帰山農園の米は、農林水産大臣登録検査機関が行う「米穀検査」で最も優れた「一等米」に認定されています。
低温倉庫で
徹底管理
低温倉庫で徹底管理
すべての玄米を、低温倉庫で保管。また、お米は精米した瞬間から劣化が始まってしまうため精米する施設自体も低温管理しています。14~15℃、湿度60%以下に保ちながら、米にとって最適な温度と湿度管理をしています。すべての玄米を、低温倉庫で保管。また、お米は精米した瞬間から劣化が始まってしまうため精米する施設自体も低温管理しています。14~15℃、湿度60%以下に保ちながら、米にとって最適な温度と湿度管理をしています。
真空機での
パッキング
真空機でのパッキング
新鮮さを長く保てるよう、高性能真空機でパッキング。大切な人に贈った時も「一番おいしい状態で」お召し上がりいただけるように、3合分ずつ真空包装にしました。
※2、5、10kgの米袋は真空ではありません
新鮮さを長く保てるよう、高性能真空機でパッキング。大切な人に贈った時も「一番おいしい状態で」お召し上がりいただけるように、3合分ずつ真空包装にしました。
※2、5、10kgの米袋は真空ではありません

米農家のお母さんは
お米アドバイザー。

もっとおいしく食べるには。
 おいしいお米は届いたものの、どうしたら一番おいしく食べられるの…?
 そんな声に応えたくて、お母さんは
『日本穀物検定協会認定 お米アドバイザー』に。
 ちょっとした心がけで、毎日のごはんが変わるかもしれません。
おいしいお米は届いたものの、どうしたら一番おいしく食べられるの…?そんな声に応えたくて、お母さんは『日本穀物検定協会認定 お米アドバイザー』に。ちょっとした心がけで、毎日のごはんが変わるかもしれません。
  • 帰山家の食卓
 
帰山家の食卓はいつもにぎやか。
地元のとびきり食材とともに、おいしさをこれからも伝え続けていきます。
帰山家の食卓はいつもにぎやか。地元のとびきり食材とともに、おいしさをこれからも伝え続けていきます。
    釣りたてイカ刺し
    お父さんは、釣りも大好き!
    海の幸にも恵まれているので、朝、農作業前に近くで釣ってきて、新鮮な魚介をおかずにする、シンプルな組み合わせの日も多いんです。
    大きな塩むすび
    どんなときにも「塩むすび」。
    たまには、お気に入りの具材を入れたりしますが、何十年食べ続けてもおいしくて、思わず“にやり”としてしまうんです。
    甘みたっぷりニラ玉
    知内は道内でもNo.1のニラ産地。
    「立派なニラだね〜」とよく言われるほど、葉の幅も太くしっかりしているのに、炒めると甘みが口いっぱいに!